ソイル3年目(何年もつの実際?):レイアウト変更

おこんにちは。

夏休みです。
まとまった休みということで、ちょっとしたトリミングのつもりで始めたのですが。
気づいたら大幅なレイアウト変更になりました。

うちの90cm水槽は今年3年目です。(正確には2年4ヶ月経過)
ソイルですが一度もリセットしてません。
今回この水槽では初めて大掛かりな低床掃除とレイアウト変更を行いました。

変更前
e0200816_14591964.jpg


ボーボーでトリミングしなきゃとなりまして
e0200816_150519.jpg


勢い余って全部抜いてしまった図。ついでに構図も変更。
e0200816_1503434.jpg


で、こうなりました。
e0200816_1512818.jpg


通常、ソイル低床で水草水槽をやる場合は大体1年くらいでリセットと言われている様です。
ソイルの寿命というやつですね。
いろいろあると思いますが、この寿命を決める要因はソイルに期待する下記の性質が経年劣化で無くなってしまうことに起因していると思います。

①弱酸性・軟水に傾ける性質が無くなる(水草が育ちやすい環境の維持が難しくなる)
②養分の枯渇(水草が育ちにくくなる。成長不良になる。)
③粒子が崩れる(低床内が嫌気環境になる。汚泥が溜まる。)

でもリセットめんどくせ〜。
もうね。めんどくさいのなんのって、
タイヤをスタッドレスへ交換する時くらいめんどくさい。
まあ、実際は雪国に住んだ事無いからよく分かりませんが。

ということで家ではダマしダマし3年目です。
何とかなるもんですね。
大体下記の様にダマしてます。自分を。

①弱酸性・軟水に傾ける性質が無くなる
コレが一番深刻なのかな?まあ、何とかなるもんです。
外部フィルターにピート投入(セラブラックピート)
・水換え時ph降下剤投入(テトラphマイナス)
 家の水道水(横浜)だと1mg/12ℓでph7.8がph6.2になります。 
・たまにリバースグレインソフト6.8を水槽内にポチャン

②養分の枯渇(水草が育ちにくくなる。成長不良になる。)
実際のとこコレはどうなんだろ?
徐々に変化して行く為か、あんまり感じた事がありませんでした。
最近は流石に白化や萎縮が起きて来てましたが、対処療法でなんとかなるレベル。
今回のレイアウト変更では重点対応、イニシャルスティックを全体に160g追肥。
・対処療法:たまに固形肥料を追肥(おこし・テトラクリプト・イニシャルスティック)
・対処療法:ごくたまに気が向いたときに液肥(ADAブライティーK・ADAECA)

③粒子が崩れる(低床内が嫌気環境になる。汚泥が溜まる。)
3ヶ月に一度程度、プロホースでザクザクやってます。
ソイルにプロホースは粒子が崩れるからNGみたいな話も聞きますが、
実際のところあんまり問題無いと思います。
低床掃除のやり方は大体こんな感じ。
(1)ズボッと差し込むとソイルと汚泥が混ざった濁り水がパイプ内を上がって行きます。
(2)ソイルの粒を吸い出してしまわない様に空いた手でホースを摘んで流量を調整します。
(3)その状態を数秒保つと汚泥と崩れた砂のみが吸い出されて水が透き通ってきます。
(4)完全に濁りが取れたらさらに流量を絞ってパイプ内に舞い上がったソイルを戻します。
コレの繰り返しで汚泥と崩れた細かい粒子のみを水槽外に取り除くことが出来ます。
安心してください濁った水は水槽内に流れる事無く水槽外に出すことが出来ます。
そもそもプロホースはそういう製品ですから。
さらに実感としてですが、深めにコレを行うと低床内のソイルを撹拌でき、
この撹拌によって①弱酸性軟水効果の減退と②養分の枯渇も緩和される様な気がしてます。
深めの位置にあったソイルはまだ生きているって言うか、色とかも濃いです。
この色の濃い深い位置にあったソイルは、表面にあった色の薄くなっているソイルに比べて、
ソイル効果が失われていない様です。
phとtds測定のみですが、実際計ってみると①の効果はある程度復活することが分かります。
ちなみにうちのソイルはADAのNEWアマゾニアです。他のソイルでも同じだと思いますが。

とまあ、ソイル水槽のリセットをためらう君へのメッセージでした。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]
# by takaki1980 | 2012-08-13 15:20 |  ├メンテナンス

アプロケイリクティス・マクロフタルムス

こんばんは。生体紹介です。
本日はアプロケイリクティス・マクロフタルムスです。
アプロケイリクティス・マクロフタルムス。
アプロケイリクティス・マクロフタルムス。

記事中は「ctrl+v」大活躍です。
本当はmacなんで「⌘+v」ですけど。

すごい名前です。
会社の食堂とかで口を滑らすと同僚が軽く引く位の名前です。
いたたまれないです。
もし、アプロケイリクティス・マクロフタルムス自身が、
人間に「アプロケイリクティス・マクロフタルムス」と呼ばれているという事を知ったらどうでしょうか。いたたまれないです。
e0200816_3215161.jpg

学 名:Aplochelichtys macrophthalmus
通称名:アプロケイリクティス・マクロフタルムス
    ミクロパンチャックス・マクロフタルムス
    エメラルドグリーンランプアイ
    派手目のランプアイ
サイズ:3cm~4cm
環 境:大抵の水槽なら大丈夫

派手目のランプアイといった感じのお魚です。
本当は似た魚で「ミクロパンチャックス・スティグマトピグス」という奴が欲しかったんですが、
スティグマトピグスはなかなか販売しておらず、こちらで妥協しましたです。はい。
どちらも目の光る卵生メダカ「ランプアイ」のお仲間ですが、
こいつらは家電で言えば、
「ただの空気清浄機じゃ無いよ!プラズマクラスターだよっ!!」
って感じの上位機種自慢みたいなもんで、ランプアイと比べると各鰭が伸長し、全身が光の加減でブルーもしくはエメラルドグリーンに煌めきます。
何故、無理矢理に家電に例えたのかは自分でも分かりません。
混泳については、うちの環境では同種間での小競り合いはあるものの他のカラシン類とは争っていないので、問題無い感じです。
e0200816_3581275.jpg

↑奥がメス。手前がオス。
ランプアイと同じく中層から上層を良く泳ぎます。そして結構なビビリです。
なので、容赦なく飛び出します。水槽の前を横切るとビビって飛び出すことあまた。
2ヶ月前に10匹入れましたが、今は3匹です。
いたたまれないです。ごめんなさい。もう飼いません。

さて、この魚は光の加減でブルーに煌めくのが魅力ですが、うちはソーラー1の2灯で超高光量環境、少し明るすぎる様です。蛍光等の方が綺麗に見えるかも知れませんね。
と言うか、飛び出し考えるとオープンは止めといた方が無難です。
光りの加減で、こんな感じの時もあれば↓
e0200816_353078.jpg

こんな感じで光ったりもします↓
e0200816_3534679.jpg

今回撮った写真では体の下半分が良く光っている様に見えますが、実際には全身がブルーに反射します。

ランプアイと同じく、水槽環境で繁殖しますので機会があれば是非。
というかスティグマトピグス持っている人がいたら俺に下さい。是非。

大丈夫。ちょっとだけだから。なにもしない。約束する。
本当、ちょっと押すだけだから↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]
# by takaki1980 | 2012-07-16 03:13 | ├A.マクロフタルムス

復活

こんばんは。

久しぶりに水草屋にいったんです。
そしたら丁度アクアジャーナル最新号の販売日だったんです。
そしたら今月のAJには「世界水草レイアウトコンテスト」の上位200位が。

もうね。ビビった。
なんなんコレ。98番とか159番とか。
167番とかなんなんコレ。
あれだな。アートだな。完全にアート。
あまりに衝撃だったんでブログ復活しましたよ。

という訳で投稿の仕方を忘れるぐらい放置しましたが、復活したいと思います。
ぼちぼち更新できれば幸せです。

しばらく更新しないうちに浮上とかしてました。
e0200816_0524457.jpg

e0200816_0575847.jpg

ま、2年前だけども。
今はもう居ないけど。子供も親も。


2年も更新しないといろいろありますね。
うちのも産んでました。
e0200816_0593017.jpg

こちらは食卵もなく順調です。
e0200816_055245.jpg

興味があれば嫁の子育てブログにも寄って下さい。(水槽率は見事に0%です。)

あと子供が産まれたんでファミリカーを買ってみたり。
e0200816_057115.jpg

みどりちゃんという名前です。
しばらく趣味の重心がこちらに行ったりしてました。
嫁はちょっとしてから「ファミリーカーとは違うんじゃないか」と気づいた様ですが、
なんとなく許してくれています。(そう信じています)


で最近の水槽。
e0200816_10394.jpg

気合いが足りません。
世界の強豪を見てしまった後だと正直ウンコです。
後景とかミリオでごまかしてみたり。
低床とかソイルなのに3年目とか。
ぼちぼちがんばって行こうかと思いますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]
# by takaki1980 | 2012-07-09 01:13 | その他

Ap.エリザベサエ トゥッカーノレッド

「水草水槽でAp.エリザベサエの繁殖を目指す」ブログなのですが、
最近めっきり出番がありません。
Ap.エリザベサエ トゥッカーノレッドです。
e0200816_144450.jpg


まったく繁殖しません。

ブログの記事にしなく成ってからも、何度となく産んでいるのですが、
どうしても浮上まで行けません。
というか、環境の改善を試みていないので、
当たり前っちゃ、当たり前なのですが。
ぶっちゃけ、繰り返すうちになんだか慣れてきちゃった。てへ。

で、久しぶりに撮影会をしましたですはい。
e0200816_1411883.jpg

TUFF77さんとこで、自分で納得できる写真を撮るのに大体何枚くらい撮ってる?
って話が出てて、自分でも何枚撮ってるのか気になったので、実践。
思い立ったら直ぐ実践。これ出来る男の鉄則。
130枚でしたね。

え?w
撮り過ぎw
俺撮り過ぎだからこれ。
三十路男がパジャマ姿で水槽にしがみつき、カメラを握りしめる事、130枚。
正直凹んだ。

e0200816_1325535.jpg

e0200816_1445072.jpg

全っ然、楽しいし。
キモいとか気にしないし。
これ趣味だし。
趣味に没頭できる男の人って素敵っみたいな?

...自分をごまかす為にこの人もパチり。
e0200816_1453631.jpg


何故、魚だとヤバいのにペットだとおkなのだろう。
いや、おkなのかどうか知らんけど。
なんとなくペットなら130枚とか「溺愛!」みたいな?
許せる感じ。なんかそんな感じ。
なにここの差別。

許せるのはうちの猫が可愛いからだな。うん。>にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]
# by takaki1980 | 2010-12-22 00:00 | ├Ap.エリザベサエ

ミナミ・ヌマエビ

どうもこんばんは。
写真撮るのめんどくさくて途中で止めていた生体紹介です。
言わずと知れたミナミヌマエビ。

実感出来るようなコケ取り能力は無いんですが、
入っていると何か安心できるという、まじない的なあいつです。
美しさではレッドビーにかなわず、コケ取り能力ではヤマトにかなわない日陰者ですが、
うちの水槽で唯一世代交代してくれている生体でもあります。
e0200816_453014.jpg

学 名:Neocaridina denticulata denticulata
通称名:ミナミ・ヌマエビ
サイズ:2cm~3cm
環 境:大抵の水槽なら大丈夫

ご承知の通りヤマトが汽水(淡水海水混合水域)でないと繁殖できないのに比べ、
ミナミは淡水で繁殖させることが出来ます。
また、ヤマトは大きいもので5cmになりますがミナミは大きくても3cm。
しばらくミナミを使っていて、久々にヤマトを入れるとあまりの大きさにビビります。
コケ取り部隊はヤマト派、ミナミ派分かれるところですが、
私は断然ミナミ派です。
e0200816_43326.jpg


一見すると地味なエビですが、個体によって多彩なバリエーションがあり、
一部のマニアックな方には人気があったりもします。
若い個体は透明に近く、成体になると背中に太く白い線が入るのが一般的らしいのですが、
個体によっては茶色や、鮮やかな赤、深緑などちょっと目を見張る色が出ることもあります。
茶色が強く出た個体↓
e0200816_419409.jpg


ともすると、視界に入っていても気づかないくらい名脇役なミナミ・ヌマエビでした。

無論、ミナミ派>にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]
# by takaki1980 | 2010-12-19 00:00 |  └ミナミ・ヌマエビ

/
takaki1980をフォローしましょう


水草水槽でAp.エリザベサエの繁殖を目指します


by takaki1980

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
90cm水槽
 ├全景
 ├メンテナンス
 ├コケ
 ├ピート
 ├餌
 └ツール
水草(前景)
水草(中景)
 ├ミズマツバ
 ├スターレンジ
 ├Lim.カリマンタン
 └レッドピンネイト
水草(後景)
 └マトグロッセンセ
生体
 ├Ap.エリザベサエ
 ├A.マクロフタルムス
 ├オトシンクルス
 ├ディープレッド・ホタル
 ├ミクロラスボラ・ハナビ
 └ミナミ・ヌマエビ

その他

最新の記事

ソイル3年目(何年もつの実際..
at 2012-08-13 15:20
アプロケイリクティス・マクロ..
at 2012-07-16 03:13
復活
at 2012-07-09 01:13
Ap.エリザベサエ トゥッカ..
at 2010-12-22 00:00
ミナミ・ヌマエビ
at 2010-12-19 00:00

以前の記事

2012年 08月
2012年 07月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

リンク

フォロー中のブログ

お家でヴーヴ
mino-lee 日常遊戯
ネイチャーアクアリウム的生活
agua journal
兄のネイチャーアクアリウ...
UNNATURAL AQ...
aquarium GREEN
さぁさぁ、日記でも。
Plus Forest
葉ッパー
Enjoy!AquaLife

最新のトラックバック

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧


人気ブログランキングへ